• ひまわりの教育・保育
  • ひまわりの教育とは
  • 教育コンセプト
  • 「じぶんの時間」「なかまとの時間」
  • いろいろな力
  • 大切にしていること
  • 生活環境と行事
  • 施設マップ
  • プレイランド
  • 作品展
  • お店屋さん
  • 劇あそび
  • 充実した指導体制

劇あそび

2月に行われる「劇遊び会」は、子どもたちの日常をお母さんやお父さんにみていただく場です。発表会のための練習…ではなく、子どもたちのそのままの姿を見ていただくことが、ひまわり流です。

劇あそびは子どもたちの想像力が発揮される楽しい遊び。ちょっと勇気を出してがんばったり、友だちに優しくしたり…、さまざまに成長する遊びです。

なんのお話にする?

“大きなかぶ”にしよう!

きょうは、消防士になりたかったな。

いいよ。消防士で。

消防士さんもかぶをぬくの手伝って!

となりの組がなんだかうるさい。

「大きな声で、何をしているのかな。」

「劇をやります。見に来てください。」

となりの組に呼ばれて行った。

とっても大きな声で元気いっぱいの劇。

「うるさかったのは、劇のれんしゅうだったんだね。」

「わたしたちの組も、大きな声でやろう。」

「今日はすずらん組さんに劇をみてもらおう。」

「どうだった?」

「どうしたらもっと面白くなると思う?」

演じる楽しさから、見せる楽しさに。

劇あそび会が3回目になる年長組さんになると、観客を考えて劇を工夫しています。

お父さん、お母さんを楽しませたいと、先生もびっくりするアイディアがいっぱい。

PageTOP