製作、真っ只中です!

「造形活動」はひまわり幼稚園の中心的な活動ですが、「子どもの作品展」に向けて、その活動内容も充実してきました。

正に、製作、真っ只中の今日この頃です。

午前中は製作活動を中心とした取り組みに没頭します。

午後は体を思いっきり動かして、秋を満喫しています。

少し寒い日もありますが、寒さに負けない様に、元気に楽しく活動していますよ。

 

 


 


 

満3歳児の子どもたちで、トコトコ歩く、可愛い人形を作りました。

小さな手で、一生懸命に作った人形です。

出来ることはまだ少ないかも知れませんが、体験することの大切さを感じます。

 


 


 

年少さんの「紙粘土の動物」たち。

今年も、ダイナミックな動物がたくさん生まれています。

この開放感が、なんとも楽しいひと時なんでしょうね。

 


 


 


 


 


 

年中組さんは、「動物」をテーマに製作活動を進めていますが、今回は、空き箱を使って自分の好きな動物を作りました。

どんな体にするのか?頭にどんな素材を使うのか?セロテープの使い方など・・・考えたり経験したりすることがいっぱいです。

色々な素材を使って工夫しながら、可愛い友達を作っています。

 


 


 


 

 


 


 

年長さんの「プレイランド」へ向けの製作も、いよいよ「組み立て」に入ってきました。

段ボールを切ったり、段ボールと段ボールを貼り合わせたり、計画した様な角度に調整したりと子供としては高度な技術も駆使して作ります。

なかなか思う様に取り扱えない”段ボール”ですが、苦心しながらみんなで”協力すること”に気付いていきます。

協力しなければ出来上がらないのです。

この経験が、人生に大きく役立つものと思っています。

みんな、頑張れ!!!!

 

2020.11.13

Category:

PageTOP